妊娠中・授乳中の脱毛

ラヴィをご使用頂くにあたって

【妊娠中・授乳中の方のご使用時注意事項】

妊娠中・授乳中は体のホルモンバランスの変化がとても活発に起こっています。このホルモンバランスは脱毛にとても大きな関係があり、より安定しているホルモンバランス状態が脱毛時の理想的な状態となります。

その為、ホルモンバランスの変化が激しい妊娠中・授乳中の脱毛は、一般的に脱毛に不向きな時期だと言われております。

この状態での脱毛は、 脱毛効果が得にくくなってしまったり、成長後にホルモンバランスが安定しはじめると再び毛が生えてしまう可能性が非常に高くなります。

つまり、手間ひまをかけて脱毛をしても、ホルモンバランスが安定した後にまた毛が生えてきてしまう可能性が十分に考えられるということです。

それでも『時間がある内に脱毛したい!』と思う方はいらっしゃいます。もちろん一時的な処理として脱毛をして頂くことは可能ですのでご安心ください!

ですが、より効率的な脱毛を行なっていただくため、妊娠中・授乳中期間のご使用に関しては、私達スタッフからは強くオススメすることが出来かねてしまいますのでご理解ください。


脱毛を開始する際の注意点

①妊娠中・授乳中の肌はとてもデリケート

光脱毛の光に過剰に反応してしまい、赤みや湿疹が出るケースもございます。
上記症状が出た場合は、直ちにご使用をお控えください。

②また毛が生えてくる可能性

先程も説明した通り、この可能性は残念ながらあります。

また、一般的に光脱毛は胎児や、授乳中の乳児への影響はないという風に言われておりますが、ご心配な場合は医療機関へご相談くださいませ。
上記該当項目以外にもご心配な点がある場合は、自己判断をせず医療機関にご相談の上ご検討ください。





ラヴィのご使用に不安がある方は

お身体の関係で「ラヴィを使用できるかわからない。」という方は、まずはお近くの医療機関にご相談ください。



スタッフからの一言

妊娠中・授乳中に脱毛をしたいとお問い合わせを頂く方は多くいらっしゃいます!
私達スタッフとしても「使って大丈夫ですよ!」と自信を持ってご案内したいのですが、妊娠中・授乳中のお肌は敏感だったり、ホルモンバランスの関係があるので、効果面を考えるとやはりあまりオススメできない時期です。
「どうしても処理したい!」という方に関しては、一時的な処理の期間と思ってご使用してくださいね。
また妊娠中の方は、脱毛時にお腹に負担がかかるような無理な体勢は絶対に避けてください。
授乳中の方は赤ちゃんの目に照射時の光が触れないよう、赤ちゃんがお昼寝中などの、空いた時間にご使用ください。


お問い合わせ